今日は、両親がコロナウイルスのワクチンを無事に!

2回、接種 (せっしゅ) した事のお祝い?で、焼肉を食べに来ています♬

 

かれこれ、10年以上前に、お邪魔 (じゃま) した以来なのですが・・・

当時は、このブログを運用していなかったので、

美味しかった思い出だけが、記憶の中にあるだけで、

記録としては、残せていませんでした()

 

行きたいお店リストには、入っていたのですが、中々、行く機会がなく・・・

数年の月日が () った、今日!ようやく、行くことが出来ました!

 

いつもは、かなり込んでいるのですが、

オープンして、すぐというタイミングだったので、

1番乗りで、ゆったりとした時間を過ごす事が出来ましたよ

※写真も、広いスペースで () れたし♬

 

ところで、行ってみたいんだけど、どこにあるの?

そんな、あなたの声も、ちゃんと届いております!

お任せください!目印も、撮影済 (さつえいず) みでございますw

 

どデカい看板 (かんばん) が目立つので、すぐに分かると思いますが・・・

牛ぎゅうの看板

このエリアで、美味しい!って有名な焼肉屋「牛ぎゅう」さんは、

看板のすぐ (そば) に店を (かま) えていますよ

牛ぎゅうの店舗前

【店舗情報】

住所:〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斎田字北浜24−1

TEL:088-685-2955

営業時間:17:00~22:00

定休日:月曜日

ドリング&その他のメニューは、こんな感じ!

牛ぎゅうのその他メニュー

とりあえず!生ビール中で、やっちゃいま~す♬

牛ぎゅうの生中

※600円(税込み)

合わせて、早く出て来そうな「きのこ焼き」も、頼んだよ!

牛ぎゅうのきのこ焼き

※350円(税込み)

フライング気味に「きのこ焼き」を紹介すると・・・

きのこは、肉汁の旨味 (うまみ) と専用タレの味をシッカリと吸い込んで、

脇役 (わきやく) なんだけど、良い役割を演じてくれています

 

続いて、メインとなる肉メニューが、こちら!

牛ぎゅうの肉メニュー

どれを頼んでも、間違いないラインナップとなっております

 

焼いている時の写真を紹介してから、一つずつの感想を書いていきますね~

牛ぎゅうの焼肉

炭火焼きじゃなくて、ガスで焼くスタイルですよ~!

サイドから、煙を吸い込んでいるので、服に全くニオイが付きません♬

 

それでは「上たん塩」から、紹介していきます

牛ぎゅうの上たん(塩)

※1,300円(税込み)

口に入れた瞬間 (しゅんかん) に感じるんだけど・・・

タン塩が柔らかくて、美味しすぎる

 

上質な肉特有 (にくとくゆう) の感覚なんだけど、甘過ぎる味わいが良い肉の証明

 

絞ったレモンで、アッサリと食べると・・・

肉の旨味 (うまみ) 柑橘系 (かんきつけい) 酸味 (さんみ) (から) まり合って、最高の時間の始まりです♬

 

続いて「ハラミ」の登場です!

牛ぎゅうのハラミ

※1,180円(税込み)

写真は、2人前なんだけど、良い感じに赤身 (あかみ) 脂身 (あぶらみ) のバランスが取れていて、

食べる前から、美味しいこと、間違いNothing (ナッシング) だよねw?

 

丁度良 (ちょうどい) いサイズに、切り分けられた「ハラミ」は、やっぱり甘くて、

ほとんど、 () まなくても、口の中で溶けていきます

 

特製のタレとの相性も良くて、ご飯がどんどん口の中に入って来ますよ♬

なんなら「ハラミ」と、ご飯だけでもいいぐらいw!

 

次は、僕のマイブームになっている「ホルモン」です

牛ぎゅうのホルモン

※720円(税込み)

この白いホルモンが、最近、好き過ぎるんです

【関連記事】

淀屋橋でめちゃくちゃ美味しいお店を発見☆和牛ホルモン酒場にくづきさんがオススメです!

とにかく「カルビ専用ごはん」がカルビと合う!そして牛角さんはホルモンも美味い

どうしても!ホルモンが食べたくて立ち寄ったお店♬七輪焼肉 ホルモン屋 雷神さん!

今まで紹介した中で、ダントツに甘いホルモンも、口の中で溶けます

白いホルモンの正体は・・・「てっちゃん(大腸 (だいちょう) )」や「マルチョウ(小腸 (しょうちょう) )」なんだけど、

同じ部位でも、全然、甘くなく! (かた) くて、

いつまでも、口の中でなくならない、品質のものを提供 (ていきょう) するお店がある中で、

「牛ぎゅう」さんのホルモンは、僕の理想のホルモンの味わいなのです

 

とにかく!ご飯が進むというか・・・コッテリ過ぎて!?

ご飯なしの単品だけだと、数分で満腹中枢 (まんぷくちゅうすう) が悲鳴を上げてしまいます()

 

それぐらいのプリプリ感と、柔らかさと、甘みを () ね備えていますよ♬

 

最後にラスボスの登場です・・・「特選ヘレ」カモン!

牛ぎゅうの特選ヘレ

※1,760円

ヒレ肉というだけあって、余分 (よぶん) 脂肪 (しぼう) 分がなく!

赤身中心なんだけど、 (やわ) らかくて牛の中でも希少 (きしょう) な部位なんだよね

※そこを、ステーキで食べられる贅沢 (ぜいたく) さよw!

 

今まで、紹介してきたような甘みは、それほど感じませんが、

上質な肉の旨味と、味付けされた特選のタレとのコラボレーションが、

最高のハーモニーを奏でてくれて、 () めに相応 (ふさ) しい一品となっております

 

今回、紹介したメニューは、どれを食べても、間違いなく美味しいので

機会があれば、最高のお肉を味わってみて下さい♬

 

Ranking

★★★★★★★★★

※あくまでも個人的な意見です。


Ranking Page

ランキングページのイラスト

MENU

Site Mapのイラスト

 

2021.7.17 mint